牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学 (坂口 孝則/幻冬舎)

書籍牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学(坂口 孝則/幻冬舎)」の表紙画像

購入価格:282

評価:

この記事は約0分16秒で読めます

牛丼の勉強として買ったが、予想以上の幅と濃度。【客から認めてもらえないこだわりに価値はない】という一文があった。商売ではそりゃあそうだという話だが、芸術ではどうか。

まあ、アメリカの作家などはその感覚で作る人が多いらしいが、傍から見れば呆れるような無駄なこだわりの中にこそアートがあると思っているのだが。よくわからん。

記事カテゴリー: 読書