食品の裏側 みんな大好きな添加物 (安部司/東洋経済新報社)

購入価格: 不明

評価:

この記事は約1分13秒で読めます

だしはとろう。めんどくさくても、せっかく学校で習っただからとろう。と思った本。

とりあえず、ぼくはもうめったなことではコンビニの惣菜など食べない。いや、食べたくない。

わっかりやすく影響されまくりだが、この本を読み始めて以来、食品の成分表をいちいち見比べるため、ジュース一本買うにも時間がかかってしょうがない。馬鹿みたいだ。いや、きっと馬鹿だ。

そもそも健康志向で、意味のわからないメロンソーダ的な、単においしいだけで栄養がないもの(ノンカロリーは可。コーラは絶対に飲まないがカロリーゼロコーラは飲む)はかたくなに飲まない主義なのだ。

以下本文より引用。

ハムなのになぜ「大豆たんぱく」「卵白」「乳たんぱく」が使われるのか。そういう「素朴な疑問を持ってほしいのです。

「殺菌剤」の入ったプールに、カットされた野菜を次々に投げ込んで消毒します。しかも一度ではなく、濃度を変えて数回プールに入れます。メーカーによっては、食べた時のシャキシャキ感を出すために、さらに「ph調整剤」のプールにつけていたりします。

〜中略〜自分が切ったレタスはすぐに切り口が茶色くなるのに、なぜ、売っているものはいつまでもきれなのかーーそんな「素朴な疑問」を持ったことがあるのでしょうか。

引用終わり。

とりあえず、内容の是非はさておき、すべての人に一度は読んでおいてほしい本だと思う。この内容を踏まえたうえで、知ったうえで、そんなのどうでもいいと言うのなら、それは個人の自由意志でまったくかまわないが、単なる無知で、そんなものどうでもいいというのは、単なる馬鹿だと思う。

記事カテゴリー: 読書