ウンコはどこから来て、どこへ行くのか ――人糞地理学ことはじめ (湯澤 規子/筑摩書房)

書籍ウンコはどこから来て、どこへ行くのか ――人糞地理学ことはじめ(湯澤 規子/筑摩書房)」の表紙画像

購入価格:920

評価:

この記事は約1分14秒で読めます

かつて価値のある財物だったものが、汚物となる、その価値観の変遷が興味深い。ウンコは今も昔も変わらず、ただただウンコなのであって、変化したのは我々のほうである。

ウンコを汚い不要なものと考える現代の価値観は、作為的に作られたものに過ぎないのだということを改めて考えたい。

李家正文の『古代厠攷』という書物によれば、平安時代には、あまりに美しいものには魔がさして、この世を生きてゆくことができないと信じられていたため、子どもの健やかな成長を願って、わざと、汚いものを名前につけるという風習があったという。こうすれば、悪霊や鬼の目から逃れることができると信じられていたからである。たとえば紀貫之の子どもの頃の名前は「阿古屎(阿古久曽)」という。不浄の「屎」を名とするこうした命名法は、ひろく民間に伝わっていたらしい。この場合、子どもの成長を守る大切な名だからこそ、「汚れ」が必要であったということにな る。

ウンコの値段は仕入れ先によってランクがあった。貧富の差によって食べるものが異なれば、ウンコに含まれる内容にも違いがあるからである。武家の糞尿は高価だった。また、今のアパートのような「長屋」の便所に溜まる糞尿も大家の重要な収入源であり、財産だった。そしてその支払いは、前にも述べた通り、貨幣のほかに、野菜や漬物といった現物との交換によってなされたのである。

下肥を使わない野菜を「清浄野菜」と称して、下肥で育てた野菜と区別した。国語辞典によれば、清浄野菜とは、「下肥を使わず、化学肥料で栽培した野菜」、と定義されている。

記事カテゴリー: 読書