ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」精読 (多木 浩二/岩波書店)

書籍ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」精読(多木 浩二/岩波書店)」の表紙画像

購入価格: 不明

評価:

この記事は約0分21秒で読めます

読むべき本だろーなーと思いつつ長らく流していたのをようやく読んだ。読み始めてすぐ、これは何度も読むべき本だと思ったものの、いざ読み終わるとまあいいかという感じ。

【芸術はブルトンのいうように「未来を反映することのおののきに、終始貫かれているかぎりにおいてのみ、価値をもつ」】 って、この本読んで気になったのそれかいという感じだが、なるほどなと思ったのだから仕方がない。

次は椹木野衣氏のシミュレーショニズムを読む。