キュレーション 知と感性を揺さぶる力 (長谷川 祐子/集英社)

購入価格: 不明

評価:

この記事は約1分21秒で読めます

ひさしぶりに新品で買った本。なので、とても新しい本である。

現代美術なう、という感じ。

内容は、美術家にでも鑑賞者に対してでもなく、まったくの同業者のキュレーターおよびギャラリストが長谷川さんすげー、という感じで読むのが一番正しいという気がする、そんな本。

悪くはないが、良くはない。彼女のほかの本はそうでもなかったが、この本に関しては、どこか自分のしてきた仕事に対する自負とか主張とかを、あまりにも論理立てて語りすぎたのではないかという感じがする。美術ってすごいんですよで済ませればいいところを、美術とは具象があり抽象があり脱構築となりイデオロギーとなりメタとなり、しかし今では体験が重要なのだ云々、いやいや、それはそうだと思うんですが、詳しいことはまたいつか、というような。

その髪型かっこいいねとなんとなく言ってみたら、どこで切ってなんの整髪料を使っているのかを、延々と語られた感じ。つまり、ありがた迷惑。

わかってあげたいけど、だりーよ、という感じ。

まあ、文句はこのくらいにして、ちょっと引用。

アートは近年、経験主義的なものになってきており、メタなもの・抽象的なものから移行しつつある。むろん思想としての経験主義はより客観性を機軸にしており、個々の体験について語るものではない。その意味であえて《経験主義的な》という用語を用いるのであるが、これを突き詰めていくと、アートが生の現実を見せるのではなく、変容(トランスフォーム)や抽象化を前提とするものであり、観客に多様な想像力と解釈の領域を開くという美の技の存在意義(アルテクリティカル・エッジ)が問われることになる。

引用終わり。

あ〜? あ〜? あ? そうなんですか。へえ。別に彼女に恨みはないが、どうもおもしろくなかった。