ホラーハウス社会 (芹沢 一也/講談社)

書籍ホラーハウス社会(芹沢 一也/講談社)」の表紙画像

購入価格:289

評価:

この記事は約0分17秒で読めます

【この社会はいつもどこかに怪物が歩き回る社会なのだ。】

まー、その通り。そもそも生まれてきたのさえ運、五体満足で生まれてきたのも運、今はまだ死んでいないのも運。いくら安全安心を求めても絶対に不安は消えない。それがまた病的なほどの安全安心を求める。なんか、仏教でいうところの、すべての苦しみは執着にあるということに通ずる、ような。

記事カテゴリー: 読書