漢字の知恵 (遠藤哲夫/講談社)

購入価格: 不明

評価:

この記事は約1分45秒で読めます

民という漢字は、人の目の中のひとみを取り去った形に針を添えたもので、目に針を突き刺す様子を示している。

これは征服された囚人などが、盲目にされ奴隷にされたことによる。だから「眠」は、目がみえなくなって「ねむる」意味なのである。

そんなような漢字の意味が次から次へ出てくる本なのだが、なぜだかどうも読みにくい。読みはじめてから2~3カ月は経ってるような気がする。

が、部分的にはおもしろいというか勉強になったとこもあった。たとえば、

「士(おとこ)は己を知る者の為に死し、女は己を説ぶ(よろこぶ)者の為に容(かたち)づくる」

これは、男は自分を理解してくれる人のためには生命を投げ出して尽力し、女は自分を愛してくれる人のために心をこめて化粧する、という意味らしい。

結局、そんなもんかなあ、なんて思う。

愛すことにかけては女性こそ専門家であり、男は永遠に素人である。

と言ったのは三島由紀夫。

やっぱそんなもんかなあと、思う。

記事カテゴリー: 読書