勝手に生きろ! (チャールズ ブコウスキー/河出書房新社)

書籍勝手に生きろ!(チャールズ ブコウスキー/河出書房新社)」の表紙画像

購入価格:446

評価:

この記事は約1分34秒で読めます

今週土曜日にある読書会の課題図書なので読んだ本。

正直、ぜんぜんおもしろくなかった。読む価値が感じられない。

ぼくの頭が古くて堅いだけかもしれないが、悪ノリの下卑た適当な文章としか感じられない。

もちろん、なにかしら深い含蓄を見出そうと思えば見出せなくもないが、どうも、ぼくは単純に嫌いである。

以下、本書より引用。

必要なのは希望だ。希望がないことくらい、やる気をそぐことはない。

引用終わり。

まあ、ぼくの考えとして、文章は崇高なものという思いがいまだに消えなくて、こういう文章があるというのは理解できるが、どうにも評価することができない。エリック・ホッファーの自伝のほうがよほどマシだったと思う。

記事カテゴリー: 読書