愛と暴力の戦後とその後 (赤坂 真理/講談社)

書籍愛と暴力の戦後とその後(赤坂 真理/講談社)」の表紙画像

購入価格: 不明

評価:

この記事は約0分26秒で読めます

タイトル通り、というような、妙なセンチメンタリズムが見え隠れする本。戦後から現代、この間の変遷、本質のようなものが、著者独自の視点でつらつらと書かれている。内容は悪くない。いや、結構いい。

【彼を無能呼ばわりする論拠の最大のものが、この「みぞゆう」ではなかったか〜中略〜各社のコラムでも季語のごとく導入部に使い回した。それで結論は、「未曾有をみぞゆうと読むような知性の男に政治を任せておいてよいのか」だった。〜中略〜このエピソードは現代日本と日本人、そして現代日本語を考えるうえで、実は示唆に富んでいる。】

記事カテゴリー: 読書