まんがと図解でわかるニーチェ (白取春彦 監修/宝島社)

評価:

この記事は約1分41秒で読めます

やはりマンガはよい、って、全然読まないが。

というか、小学生のころに読みたかった。といっても意外なほど新しく2011年発行の本だが。

というのも、小学生のころ、学研の伝記マンガを読んでいたのだが、その内容を今でもはっきり覚えているからである。そのころに読んだ内容を、どうしてこんなにも記憶しているのか、最近ではほとんどなにも覚えられなくなってしまった、老化、か。

それはともかく、わかりやすい、良い本だと思う。哲学って、いかにも金にならなそうだけど、いや、だからこそというべきだろうか、すばらしいと思う。

もっとみんな、いや、みんなじゃなくていいが、愚か者はちゃんと存在していてほしいが、一部の人にはぜひとも哲学してほしい、な。って、それじゃあ、現状のママではないか。

ってほら、この現実の全肯定が、しっかりニーチェしちゃってるでしょう。ぼくは超人だ。

記事カテゴリー: 読書