震美術論 (椹木野衣(著), 美術手帖編集部 (編集)/美術出版社)

書籍震美術論(椹木野衣(著), 美術手帖編集部 (編集)/美術出版社)」の表紙画像

購入価格:3629

評価:

この記事は約0分14秒で読めます

一言でいえば、311を受け、大きく“災い“という観点から、日本の美術を総括しようとする試みだと理解した。そもそも地震、台風、噴火その他もろもろの災害が頻発する日本では、西洋的な美術史観——揺るぎない(揺れない)地盤に支えられた——は不可能なのことなのだと。それはまあ、その通り。