上級国民/下級国民 (橘 玲/小学館 )

書籍上級国民/下級国民(橘 玲/小学館 )」の表紙画像

購入価格: 知人に借りた(0円)

評価:

この記事は約0分17秒で読めます

言うまでもなく身分制度はすでに無いはずだが、しかし、人々のうらみつらみ、ねたみのようなものが、人をして上級や下級という言葉を使わせてしまうのだろう。そして何より、上級や下級という物言いや認識には違和感がない。ということは、実質的には、身分制度はいまだ連綿と続いているということか、あるいは格差が深まる昨今、復活したと見るべきか、どうか。

記事カテゴリー: 読書