逆引きでわかる色鉛筆の技法書 (河合ひとみ/誠文堂新光社)

購入価格: 不明

評価:

この記事は約0分14秒で読めます

ほとんどが図版である。

そもそも、これを読書と言っていいのかはわからないが、隅から隅まで読んだことだけは確かである。

とりあえず、色鉛筆ってちゃんと使いこなせばすげえなあ、描く人が描けば半端ないよなあ、ということがわかった。

よくわかった。以上。