不可触民―もうひとつのインド (山際 素男/光文社)

書籍不可触民―もうひとつのインド(山際 素男/光文社)」の表紙画像

購入価格:432

評価:

この記事は約0分15秒で読めます

インドというと、ガンジーと神秘なイメージくらいしかなかったが、忘れてはならないのがカースト制度。それにつけても、不可触民(アンタッチャブル)という地位が、文字通り「人間ではない」という現実が嫌というほど示されている。この本が出たのが1985年とはいえ、その後、完全に差別がなくなっているとは到底思えない。

記事カテゴリー: 読書