私にとって神とは (遠藤 周作/光文社)

書籍私にとって神とは(遠藤 周作/光文社)」の表紙画像

購入価格:432

評価:

この記事は約0分15秒で読めます

実際に自分もカトリックとなる身からすると、遠藤周作の言葉は以前よりも俄然リアリティを持ってくるように感じる。その分、いくつかの考え方は宗教でも信仰でもなく単なる彼流の哲学ではないかという思いも生まれてくるが、それもまた一興。たとえばいま「沈黙」を再読すれば、また新たな発見もありそう、など。

記事カテゴリー: 読書