演劇とは何か (鈴木 忠志/岩波書店)

書籍演劇とは何か(鈴木 忠志/岩波書店)」の表紙画像

購入価格:387

評価:

この記事は約0分21秒で読めます

演劇とアートの親和性を、最近非常に感じている。デザインよりもよほど近しく、とても参考になる。著者は、神里くんが大賞を取った利賀演劇コンクールの基を作った人らしく、これまた親近感。

【もう私も三十になりましたから、そろそろおいとまします、と。〜中略〜ありていに言えば、そろそろ結婚し、経済的にも安定を得たいということです。】

芸術界隈には、どこまでもこの種の問題がつきまとうな。まったく、ヤクザな商売やわ。

記事カテゴリー: 読書