食に知恵あり (小泉武夫/日経BP)

購入価格: 不明

評価:

この記事は約1分31秒で読めます

すばらしい本出ました。

内容は深いうえにわかりやすい。そして作者の人間性が端々ににじみ出ており、しかもそれがすばらしく、作者がいとおしくなってくる。

それはともかく、内容としては「カボチャは室町時代、ポルトガル船によって豊後(いまの大分県)に入ってきたのが始まりといわれ、カンボジア国の瓜の意味がカボチャの名になった」「トロロには”ことづて汁”という異称があり、なぜ”ことづて(伝言)”というかというと、ご飯がよく進むので”よくいひ(飯)やる”からきている」などなど。

ぼくの大好きな豆知識のオンパレード、って死語だけどしかし、オンパレード、である。

よい本!

記事カテゴリー: 読書