2週間で小説を書く! (清水 良典/幻冬舎新書)

書籍2週間で小説を書く!(清水 良典/幻冬舎新書)」の表紙画像

評価:

この記事は約0分16秒で読めます

あらゆることに通ずることだなあ、と思う。以下本書より引用。 「才能」とは書き続けることである。五年十年たって、「なんだ、まだ書いているの」と言われるような持続する力が才能だと信じている。 ちょっと試しに書いてみて諦める人は「自分は才能がない」とよく言う。書けるか書けないかではなくて、その諦め方に才能がないのである。

記事カテゴリー: 読書