ロシアによるウクライナ侵攻に対する人道支援について

合同会社シンタクのブログのニュース記事のイメージ画像

この記事は約2分40秒で読めます

周知の通り、2022年2月24日、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まりました。

21世紀にはもはや侵略戦争など起こり得ないと信じられていた中での事案であり、これは今後の国際社会に重大な影響を及ぼす脅威であります。

いま、試されているのは、人類ひとりひとりの倫理であり、正義ではないでしょうか。そのように考え、今すぐ弊社に起こせるアクションとして、微力ながら寄付による支援を行うことを決定いたしました。

方法といたしましては、今後1年間(12ヶ月間)、毎月100EUR(約13,000円)を、ウクライナの赤十字を通じて送金いたします。
UKRAINE EMERGENCY APPEAL

現地時間2022年2月26日付のウクライナ赤十字への寄付完了画面(1/12)
ロシアのウクライナ侵攻について、合同会社シンタク 代表社員 新宅睦仁によるユニセフへの100EURの寄付完了画面キャプチャ

これは、弊社代表、新宅睦仁個人がウクライナのことを常に覚えていて忘れないためのアクションでもあります。

弊社では主にWEBサイトをはじめとしたコンテンツ制作を主業務としておりますが、その陳腐化し消費されるスピードは年々加速しております。そんな中、現代においては戦争さえも一時の目新しいコンテンツとして消費されてしまうのではないかと、非常な懸念を覚えるのです。

とるに足らない、あまりにも小さな弊社の支援で世界が変わるなどとは思いません。ただ、このような想いを持つ日本人が一人でもいるんだということを、世界に発信しておきたい。ウクライナの人々に絶望してほしくないのです。

一分一秒でも早くこの愚かな戦争が終結することを願ってやみません。

合同会社シンタク 代表社員 新宅睦仁

各月の寄付完了画面のアーカイブ
2022年11月27日(10/12)
ロシアのウクライナ侵攻について、合同会社シンタク 代表社員 新宅睦仁によるユニセフへの100EURの寄付完了画面キャプチャ
2022年10月30日(9/12)
ロシアのウクライナ侵攻について、合同会社シンタク 代表社員 新宅睦仁によるユニセフへの100EURの寄付完了画面キャプチャ
2022年9月30日(8/12)
ロシアのウクライナ侵攻について、合同会社シンタク 代表社員 新宅睦仁によるユニセフへの100EURの寄付完了画面キャプチャ
2022年8月31日(7/12)
ロシアのウクライナ侵攻について、合同会社シンタク 代表社員 新宅睦仁によるユニセフへの100EURの寄付完了画面キャプチャ
2022年7月27日(6/12)
ロシアのウクライナ侵攻について、合同会社シンタク 代表社員 新宅睦仁によるユニセフへの100EURの寄付完了画面キャプチャ
2022年6月29日(5/12)
ロシアのウクライナ侵攻について、合同会社シンタク 代表社員 新宅睦仁によるユニセフへの100EURの寄付完了画面キャプチャ
2022年5月30日(4/12)
ロシアのウクライナ侵攻について、合同会社シンタク 代表社員 新宅睦仁によるユニセフへの100EURの寄付完了画面キャプチャ
2022年4月25日(3/12)
ロシアのウクライナ侵攻について、合同会社シンタク 代表社員 新宅睦仁によるユニセフへの100EURの寄付完了画面キャプチャ
2022年3月20日(2/12)
ロシアのウクライナ侵攻について、合同会社シンタク 代表社員 新宅睦仁によるユニセフへの100EURの寄付完了画面キャプチャ